SiteMap

オリジナリティー溢れる名刺

グミと名刺

「名刺」を制作する際は、まわりと差をつけるためにデザインにこだわりましょう。キラキラのラメが入ったもの、ホップで明るいカラーを使うとかわいらしく印象づけることができます。名刺の土台が紙でなければならないというルールはありません。さまざまな素材でおもしろい名刺を作ってみましょう。ちょっと変わったものだとファブリックや木材などエコロジーに配慮した素材があります。紙は古くなると老朽感が出るだけですが、ファブリックや木材は良い味が出るのがメリットです。古くなるだけでなく経年劣化を楽しめます。
自己紹介の部分に自分の趣味を入れておけば、同じ趣味をもつ人と仲良くなり輪も広がることでしょう。名刺は個性を出しすぎてしまうと悪い印象になり、逆効果なので気をつけなければなりません。持ち帰るのに困るような大きさは、いくらおもしろいものでも迷惑です。名刺のケースに入る大きさを意識して制作しましょう。厚みにも注意が必要です。分厚くしすぎてしまうと名刺ケースがいっぱいになり、受けとる側として困ってしまいます。また、木材など自然素材の香りはそれほど問題はありませんが、香りをつけると嫌がる人もいるので気をつけましょう。

Headline

紙とペン

2017年08月10日

名刺はスタイリッシュに

ビジネスでうまく自分を表現できない、そんな人は好感度の高い「名刺」で自分を…

グミと名刺

2017年08月10日

オリジナリティー溢れる名刺

「名刺」を制作する際は、まわりと差をつけるためにデザインにこだわりましょう…

名刺交換

2017年08月10日

名刺制作は業者選びが大切

会社を立ちあげるとき、名刺制作に悩む人も多いのではないでしょうか。名刺制作…

紙

2017年08月10日

工夫を凝らした特徴的な名刺について

名刺は、ビジネスや趣味など幅広い場面で使用されますが、まず相手に強いインパ…